Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日3月27日はチーム8大阪代表の永野芹佳さん16歳の誕生日です!

真面目で優等生なイメージがある反面、しょーもないダジャレがたまに炸裂するギャップがやけにじわるw

綺麗なパフォーマンスは相変わらず目を引く安定感あるし、舞台「絢爛とか爛漫」のような芝居はまた観てみたいですな。

それと最近、芹佳と話してて時折醸し出す大阪感とでも言うのかな?

口が達者でまるで大阪のおばちゃんと話してるような逃げ場の無い状況まで追い込まれる雰囲気...

嫌いじゃないです←

そんなこんなで誕生日おめでとう。
去年より充実した1年にして欲しいな

せりかのトゥースw
14896642200.jpeg

フォルダ内にあったいつかの拾いもの





追記
先日のインテックスでの芹佳


スポンサーサイト
「絢爛とか爛漫とか」は、のちに"昭和モダン"と呼ばれる東京を舞台に展開する、小説家を志す4人の女性の青春物語。ダンスを踊りながら文学論を戦わせたり、友人の恋の成就に奔走したり、他人の才能に嫉妬して自暴自棄になったり......。友人として、よきライバルとして時を過ごす4人を描いた名作です。

出演者はたったの4人で長セリフも大量! そして、お客さまに囲まれた円形ステージでの演技!
......超難関の舞台にチーム8が単独で挑みます!!

◯野村文香役
 永野芹佳(大阪府)、中野郁海(鳥取県)
 ※ダブルキャスト
◯柳原まや子役
 谷川聖(秋田県)、佐藤七海(岩手県)
 ※ダブルキャスト
◯小林すえ役
 太田奈緒(京都府)
◯正田薫役
 小田えりな(神奈川県)



そんなこんなで9月10日から19日まで開演されていた、
昭和初期が物語設定のチーム8の舞台の青春群像劇、「絢爛とか爛漫とか」を永野芹佳出演回のみ初日から千秋楽まで観劇してきました。

なので←
芹佳(文香)についてまんま感じたことを残しておきます。

まず、出演を重ねるにつれて、情感らしき雰囲気を徐々に見せれてきたのは、とても良かったんじゃないかと、、
特に個人的な注目ポイントなのだけれど、初日の序盤でどうしても物語に集中できずにいた時に、芹佳の一人芝居時の表情やら仕草が心に響いて、そこから一気に物語の世界に引き込まれて、以降はこの舞台を観るうえで芹佳の一人芝居が重要なポイントになったし、個人的な楽しみの1つになってましたね。

まあね、芹佳の演技が素人目で見てもお世辞にも上手いとは思ってないし、台詞の言い回しの抑揚があまり感じなく棒読みに近い感じになってるのは気になったわけで、大阪弁から標準語に言葉を修正してイントネーションもおかしかったりで、違和感ありまくりなのは千秋楽まで変わらずってところでしたがw

それでも芹佳扮する野村文香から伝わってくるものは毎回しっかり感じとれたわけで、千秋楽に近づいてくるにつれてそれがより強く伝わってきたは、これからに繋がる切っ掛けになってたような気がしてならなかったかな。
で、舞台を踏んだ回数分修正してきてたように見受けれた場面がちらほらあったり、芹佳にとって色々と気がつける収穫多い舞台なったのではないかと千秋楽が迫ってくるにつれて、段々と強くハッキリ感じとれたかな。。

確かに共演した他のメンバーに助けられた舞台になってたのは否定出来ないけれど、
初日から千秋楽まで通して見た時には、最初の頃の声の大きさや滑舌があまりよろしくなくてセリフが聞き取り難かったりしてたのが、徐々に改善されてきたのが素人目に見てもハッキリ確認できたわけで、初見時にはどうみても芹佳の文香だったのが、文香な芹佳に見えた千秋楽。
舞台を踏んだ回数分、変化していった過程をしっかり目に焼き付けてこれたと思う。

最後に物語の時代背景が昭和初期なのもあり、最近じゃあまり使わないような台詞はがたくさんあって、きっと難しかったりしてただろうし、標準語に直したりの舞台は稽古段階で色々と沢山苦労してたでしょうね。
そんな永野芹佳の初舞台を初日から千秋楽まで飽きることなく観れたし、他のメンバーの役へのはまり具合もそれぞれ見どころはあったし、それを合わせてみてもとても面白い舞台でした。




14742183840.jpeg
14742184440.jpeg

↑それにしても写真撮るのヘタ過ぎる自分に萎える
↓中野さん回千秋楽(拾いもの)
14745124910.jpeg
14745125100.jpeg

14742183640.jpeg
↑自引きしたパンフレット

投稿するの忘れてた……
泊まったホテルの徒歩10分圏内に「K2 Curry House」が偶然にもありましてw
チームN公演の次の日に寄ってみた。

ちなみに「2 Curry House(ケーツーカレーハウス)」とは、、

芹佳がミラモンで紹介したカレーハウスです(笑)

14667520770.jpeg

注文は当然エビフライカレー(600円)。
値段のわりにボリュームあって、中辛の辛さが自分には丁度良かった。

14667521000.jpeg

お店にあったサインの前に他のお客さんが食事をしていたので、さすがに撮影出来ず、、、
なので今回は拾いものw


他にもカレーパスタがメニューにあるらしく、次はそれを頼んでみようかと思ってます。
これでNMBの公演を見に行くついでに、違う楽しみが増えましたw

20160625223646c57.png
201606252236485da.png
20160625223650bc3.png
20160625223652ae1.png
20160625223652980.png
生誕祭はとっくにおわっているけれど、
本日3月27日は永野芹佳さんの15歳の誕生日!!

2001年生まれだそうですわ。


今もだけど、1年前はまだチーム8のことをほとんど知らなかった頃、
たまたま入った公演で、その時の唯一の目当だった横道ちゃんと同じくらい公演途中から芹佳を目で追いかけたの今でも覚えてる。

長い髪をなびかせてパフォーマンスする姿が、
背は小さいのに颯爽としてて、
やたらとカッコよくてね。

まっ、カッコいいはちょっと違うかもだけど←笑

そんなこんなで、
芹佳の輪が広がる15歳の1年にして欲しいな。


自分でキャプったのと拾いもの↓

キャプチャserika9

14590078580.jpeg

14590078350.jpeg

14590078470.jpeg

14590089570.jpeg
まあまあカオスな全握でしたなぁw

シングル3枚分にもなれば当然といえば当然。
しかもやってきたのは16人だったし、仕方ないですね(笑)

そして今日は…
本店写メ会に行く前にAKB48シアターでこの子の生誕祭に行って来ます!!!

キャプチャserika12


2016年3月21日(月) 開演:11:30~
チーム8「会いたかった」公演 服部有菜・永野芹佳 生誕祭

出演メンバー

坂口渚沙(北海道)・谷川聖(秋田県)・佐藤七海(岩手県)・佐藤朱(宮城県)・高橋彩音(埼玉県)・左伴彩佳(山梨県)・横道侑里(静岡県)・服部有菜(岐阜県)・山本亜依(三重県)・北玲名(石川県)・近藤萌恵里(長野県)・永野芹佳(大阪府)・山田菜々美(兵庫県)・山本瑠香(和歌山県)・濱咲友菜(滋賀県)・行天優莉奈(香川県)

そして、、
横道ちゃんもこの公演に出演!
芹佳と横道ちゃん2人が揃っての「会いたかった公演」はこの2日間4公演が初めてのことだったり、
自分自身では去年5月以来になる公演での2人の組み合わせを見れるのも嬉しすぎますなぁ。

そんなこんなで「会いたかった公演」は旧チームBⅡのを見て以来の3年ぶり!
かなり久しぶりで楽しみだったりするし、これが切っ掛けで僕の中で8が本格的に始まるかもしれん←
(とっくに始まってる )


20160321003403748.jpg



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。